ビール論

男の秘密基地を訪問!家庭用ビールサーバーのある生活とは【PR】

「男の夢」   と聞いたら何を思い浮かべるだろうか。事業を大成功させる、大金を掴む、高級外車を乗り回す、はたまた美女をはべらす…などなどだろうか。   ここに加えたいことがある。それは、「秘密基地で仲間と生ビールを飲む」。   鳥取県の自然豊かな集...

ビールはレビューを書くときじゃなくて飲むときが一番楽しい

 日常を記録するSNSがいつの間にやらFacebookからinstagramに変わった。  たぶんFacebookがなんとなく公的な雰囲気をまとってきたから、カジュアルな(もっと言うと、どうでもいいような)写真が以前より浮くようになったからだと思う。それ...

もしかしたら僕は“ビジネスビーラー”なのかもしれない

 ビール教室を開く機会が増えてきた。  「自分が講師でいいのかな?」なんて思いながら、依頼されればついついやってしまう。人見知りなくせに人前を苦にしないタイプなので、「ビールのことを延々語って、厳選した銘柄をテイスティングして、さらにお金までもらっちゃっ...

ボケよしツッコミよし。ノリ突っ込みも駆使する関東人(アッサムボック/ヴェルテンブルガー)

 ボケとツッコミは関西人の専売特許ではない。でも、関東人と関西人を集めたら、おそらくボケやツッコミを繰り出す率は関西人の方が大きいだろう。ボケたり、突っ込みを入れる関東人もいるにはいるだろうが。  ビールは酵母の違いで「エール」と「ラガー」に大別できる。...

「これ、ベルギービールっぽくないね」は禁句(プリムス/ハーヒト醸造所)

 一体どう例えればいいのだろう?少し考えて挙げてみる。 ・旅先の福岡で「とんこつラーメン」ではなく、「醤油ラーメン」を注文してしまう。 ・東京に来た外国人が「秋葉原」ではなく、「奥多摩の森」に行ってしまう。 ・夫婦関係を終わらす書類を「離婚届」ではな...

ビール好きが周囲から感謝される方法

 金麦という新ジャンルビールがある。もちろん、味わいが好みの人もいるだろうけど、きっと多くの人にとっては高いビールの代わりに飲む妥協の一本だと思う。  僕にとっても金麦は妥協銘柄だった。高校時代から松田聖子のファンだった阪神の和田豊が松田聖子のそっくりさ...

厳選!ビールの味わいの多様性が端的にわかる6スタイル

 今秋、NHK文化センター鳥取教室にて、ビギナー向けのビール講座を持たせてもらった。話す内容はすぐにまとまったのだけど、テイスティングの時間に飲んでもらうビールの選定にかなり悩んだ。  目的は「ビールの味わいの多様性を伝えること」と、これは重要だと思うの...

自宅にビールサーバーを置いて半年が経ったので色々まとめてみる

春が過ぎ、夏が過ぎ、秋すら終わろうとしている。自宅のサーバーでドラフトを飲むようになって半年が経過した。 日常的に樽を買っているわけではなく、お客さんが来たときだけなので回数としては20回くらいだろうか。ある程度、メリット&デメリットやコスト感が掴めてき...

ビールは料理に合わせない方が楽しめる

 この世界には二種類の人間しかいない。  という書き出しだと採点者も「おやっ」と思うので、受験で小論文を選んだ人にはおすすめ。ということをバラエティー番組で発言していたのは、オリエンタルラジオの中田敦彦だった。彼の考え方に倣い、僕はこう書きたい。 ...