テイスティング

野生酵母で醸す!智頭町のタルマーリーでビールを飲んできた

「鳥取県人なのにタルマーリーでビールを飲んだことがない」   鳥取県在住のビアラバーでありながら、大山Gビールに次ぐ県内2軒目のブルワリー、タルマーリーに長らく行ったことがなかった僕は常に後ろめたい気持ちを抱いていた。ようやく先週末、タルマーリーに行くこと...

アメリカ人ビール醸造家と日本人ラーメン店店主はカメラを威圧しがち(ダブルブラックIPA/リバイバルブリューイング)

今夜もどこかのビアバーでは男が女に向かって、 「IPAというのは、昔イギリスが植民地のインドにビールを輸送するにあたって、長い航海で劣化しないよう殺菌効果のあるホップを大量に投入したため、ホップの個性が際立つスタイルになったんだよ」 というIPA(...

ヤッホーブルーイングと谷川俊太郎が重なって見える(僕ビール、君ビール。よりみち/ヤッホーブルーイング)

最近、色々なところでビールの初心者向け教室を開講させてもらっている。当然、そこに来るのはビール感度の高い人で、「よなよなエールが好き」という人が多い。コンビニに並ぶというのはやはり大きいのだな、と実感する。 よなよなエールをリリースしているのは、星野リゾ...

女子人気が高い銘柄がフルーティー&低アルコールになって鬼に金棒状態(ヒューガルデンロゼ/ヒューガルデン)

 20代の頃、下北沢北口にあるノースサイドカフェでよくヒューガルデンを飲んだ。無機質だけどどこか温かみのあるスタイリッシュな空間。ざわつく店内で黄色く濁ったそいつを一口飲んで、「あー、いかにも東京だなあ」と東京育ちながら思ったものだ。  そこでは樽生が飲...

「これ、ベルギービールっぽくないね」は禁句(プリムス/ハーヒト醸造所)

 一体どう例えればいいのだろう?少し考えて挙げてみる。 ・旅先の福岡で「とんこつラーメン」ではなく、「醤油ラーメン」を注文してしまう。 ・東京に来た外国人が「秋葉原」ではなく、「奥多摩の森」に行ってしまう。 ・夫婦関係を終わらす書類を「離婚届」ではな...

ビール好きが周囲から感謝される方法

 金麦という新ジャンルビールがある。もちろん、味わいが好みの人もいるだろうけど、きっと多くの人にとっては高いビールの代わりに飲む妥協の一本だと思う。  僕にとっても金麦は妥協銘柄だった。高校時代から松田聖子のファンだった阪神の和田豊が松田聖子のそっくりさ...

厳選!ビールの味わいの多様性が端的にわかる6スタイル

 今秋、NHK文化センター鳥取教室にて、ビギナー向けのビール講座を持たせてもらった。話す内容はすぐにまとまったのだけど、テイスティングの時間に飲んでもらうビールの選定にかなり悩んだ。  目的は「ビールの味わいの多様性を伝えること」と、これは重要だと思うの...

世界一美味しかったビール

 ここ数日、最大級にお腹を壊していた。2、30分に1回はトイレに行くことを余儀なくされ、出るものも水であることを余儀なくされていた。  一体何が原因なのだろう?と振り返ってみると、3日前の昼に食べた焼肉ランチが最も怪しい。自分ではしっかり焼いたつもりだっ...

嫌いな味覚を克服できてしまう不思議な現象

 味覚は年齢とともに変化する。  このよく耳にするフレーズは、半分正しいけれど、半分正しくないと思う。  例えば僕の場合、確かに小さな頃に食べられなかったピーマンや生魚は食べられるようになった(正確に言うと、ピーマンは「好き」に近く、生魚は「食べら...