実はIPAではなくIPL!田舎のクラフトビール好きの救世主(伽羅/COEDO)


 鳥取にいると、「COEDOがあってよかった…」と風呂に浸かりながらしみじみ思う。

 それは、よなよなエールのヤッホーにも同じことが言えるのだけど、美味いクラフトビールを安価に飲みたいと切に願う人間にとって、この田舎のスーパーでも置いている2社は救世主かもしくはメシアみたいなもの(同じ意味かもしれない)なのだ。しかも、2社とも違ったベクトルでオシャレ。自宅パーティーにお呼ばれしたときなんかは、プレミアムモルツもいいけど、同じ額を出すんだったら僕はCOEDOのボトルを持っていく。

 COEDOは5種類のボトルをリリースしている。瑠璃、伽羅、紅赤、白、漆黒。中でも伽羅は手に入りやすいし、僕のようなホップ好きは誰しもが好きな一本だろう。

IMGP5375

 色は少し赤みがかった金色。香りはもう完全にホップだ。柑橘系のアロマだけど、ブドウのようでもある。苦みを予感させる香りが飲む前から漂う。でも、モルトの甘い香りも感じ取れる。

 一口飲むと、甘苦い。その後、すーっと甘みが引いてフィニッシュに淡い苦みが残る感じ。ただし、まったく嫌な苦みではない。バランスが取れているからだろう。

 スタイルはIPL(インディアペールラガー)とのこと。IPA(インディアペールエール)ではない。ワインが赤と白に分かれるように、ビールもエールとラガーに分かれる。何の違いか、といえば使用する酵母。エール(上面発酵)酵母とラガー(下面発酵)酵母がある。特徴をざっくり言うと、エールは香り豊かでまったり、ラガーは飲み口すっきり。この伽羅は言われてみれば、飲み口がすっきりしてキレがある。まあ、IPAだと思って飲んでいる人もたくさんいるだろうし(僕も最初はそう思っていた)、美味しさには変わりがないからいいのだけど。

 ビールを2つに分けるエールとラガーの話が出たからついでに。いわゆる普通の金色のビールは、ラガーの仲間の中のピルスナーというスタイルである。だから、キリンのラガーって名前はちょっと変だ。巨人とか広島、とか付けなければならないのに、セリーグって名前をいち野球チームに付けてしまったようなものなのだから。