鳥取駅前でクラフトビールを!Beer Bonds AKARIのビール愛が深過ぎる


今夏、鳥取駅前エリアで初のビアパブがオープンした。
お店の名前はBeer Bonds AKARIで、その名前からわかる通り、
鹿野のAKARI BREWINGが運営している。
何はともあれ訪問してビールを飲んでみた。
また、どんなお客さんがどんな使い方をしているのか。
スタッフとして店に立つ鹿児嶋社長に聞いてみた。

3種飲み比べと鹿野地鶏で夢見心地…。

まずこちらの場所、想像よりずっと鳥取駅に近い。
鳥取駅を出たら北口へ。すると、通りを挟んだ向こうにサンロードというアーケード街が広がる。そこに入って数軒目の左手にある。駅を出てせいぜい2分くらいだろうか。

扉を開けてすぐの場所でビールを注文する、キャッシュオンデリバリー方式。AKARI BREWING のものを中心に10種類以上から選べるので、1つに絞るのが難しい人は3種飲み比べ(1300円)をおすすめしたい。

フードのメニューはこちら。

AKARI BREWINGの地元、鹿野の自慢「鹿野地鶏ピヨの鉄板焼き」は必食。甘辛い味付けと鶏のさっぱりした食感が絶妙でついついグラスが進んでしまう。

AKARI BREWINGのビールの特徴は、クラフトビールのトレンドをしっかり追っていること。セゾンやヘイジーIPA、BRUT IPA、炭酸ガスの代わりに窒素を使ってクリーミーな泡を楽しむNITROも用意されている。さらに、アメリカのDogfishが開発したフィルター設備のランドルも2機保有しているとのことで恐れ入る。

クラフトビール好きだったら間違いなく、入店から5分程度で夢見心地になれるだろう。

ビール愛が滲み出る店内。くつろげる2階席もあり。

1階はカウンターとテーブル席でちょい飲みしたい方向け。
入店時には気付きづらいが実はこちら2階もある。

階段の時点で「どんだけビール愛が深いんだ!」とツッコミを入れたくなるほどコアな缶が並んでいる。こうした海外の最先端のビールを随時チェックしているからこそ、旬のスタイルを即座に造れるのだろう。聞けばBRUT IPAに関しては国内でも最初期に醸造したとのこと。今後は、バレルエイジも手掛けていきたいと聞き、楽しみがまた一つ増えた。

2階はカフェのような雰囲気。ビールの注文は1階なので、2次会以降でのんびり飲みたい人向けと言えるだろう。2階のカウンターで一人読書しながらちびちび飲むのも最高だろうな…そんなことを考えた。

…とビールを飲んで人心地が付き、店内を回ったところで鹿児嶋社長にインタビューを試みた。まずは「Beer Bonds AKARI」という店名の由来から。

「Bondsは絆なので、ビールでつながりを作りたいという思いを込めています。考案したのは醸造長の清部です。ファンドを受けまして、工事期間は3週間程度でした。元々は靴下屋さんで10年空き店舗だったようです。タップのシステムも外注すると高額だったので、自分達で施工しました。あかり本願衆(※著者注 AKARI BREWINGの母体で地元青年会のような集まり)の仲間たちもサポートしてくれて何とか間に合った感じですね」



会社帰りや2次会で利用。最近は若い女性も来店。

オープンから4カ月。一体どんなお客さんがどんな風に利用しているのだろうか。

「駅前という立地もあって、サラリーマンやOLの方に仕事帰りにフラっと寄っていただくことが多いですね。あとは2次会で利用される方も多いです。今のところ、男女比6~7割対3~4割という感じで男性の方が多いですが、20代の女性にも来ていただいてます。彼女達は階段の缶を見て“写真撮っていいですか?”と聞いてきます。味からではなく、視覚から入るのも大事なんだなと最近思い始めていますね」

全国的に盛り上がりつつあるクラフトビール。その中で、やはりまだ鳥取では市民権を得ていないと感じることも多いそう。

「鳥取ではまだクラフトビールが浸透していないので、ここが最初の接点となることもあります。ですので、コアなビールファンが喜ぶものを押さえつつも、飲みやすいものを揃えなければという気持ちでいます。ビールが苦手という人も一定数いますしね。ビールは自分達以外の山陰のものも置きますが、そこにはこだわらず、来年はアメリカのものも置きたいですね。まずはSTONEやModern Times辺りからの導入を考えています」

鳥取でSTONEやModern Timesの樽が飲めるなんて胸熱だ!続いて、課題や今後の目標なども聞いてみた。

ビールの輪を地道に、確かに、広げていく。

「課題だらけですが…地元鳥取の良さをもっと出していきたいという思いはありますね。あとはビールに関しても13種類出していますが、もっとそこでファンを作りたい。“IPAって何?”とか“大手の出して!”とかまだまだ言われるので地道にやっていくしかありません」

一方で、元々のファンからは「AKARIのビールが飲める場所ができて嬉しい!」と言われる。SNSを通じて広島や大阪、関東からわざわざ来てくれるお客さんもいるのだとか。確実にビールの和、絆は広がっている。

「今、鳥取エリアでビールの専門店はうちだけです。でも、1社だけじゃ面白くありませんからもっとビールの店やブルワリーが増えて欲しいと思います。普通に自分も飲みに行きたいですしね(笑)。増えて行ったらコラボもしたいと考えているんです。飲食店とブルワリーのコラボとか鳥取でもやりたいですよね。お客さんに酒のたなかさんを紹介したりもします。ここ経由で少しずつビールの輪を広げられたら最高です!」

Beer Bonds AKARI
〒680-0831 鳥取県鳥取市栄町759
https://www.instagram.com/beer_bonds_akari
TEL. 0857-23-7000
営業時間 [水・木・金]18:00~24:00 [土]18:00~翌1:00 [日]17:00~23:00
定休日:月曜日・火曜日